イビキ症・睡眠時無呼吸症候群の検査(PSG検査)について

1.検査当日は出来るだけ18:30分迄に病院の窓口にて入院の受付をして下さい。

2.受付を済ませた後、PSG検査を行うお部屋に案内をします。

3.PSG検査の開始は、19:45頃から開始します。
(それまでに、必要な方はトイレ・歯磨き・洗顔などを済ませておいて下さい。)

4.PSG検査の流れを説明します。(電極・センサ−類の装着)


電極・センサー類装着例

@

睡眠潜時(眠りの深さや夢を見ている時間)を調べる為に
脳波・眼球運動・あごの筋電図の測定をします。
頭に7個、目の横に左右1個づつ、顔に3個(額1個・顎2個)
の計12個の電極を着けます。

A

イビキや無呼吸を調べる為に喉仏の横に1個、鼻と口の
間に1個センサ−を着けます。

B

無呼吸の型(閉塞型・中枢型・混合型)を調べる為に
胸部と腹部に1本づつベルト型のセンサ−を着けます。

C

睡眠中の酸素量を調べる為、右手の指先1本にセンサ−
を着けます。

 

以上で、電極・センサ−類の装着は終了です。(約30分程度です)

5.21:00頃消灯となりますのでお休み下さい。翌日は6:00〜6:15頃に看護婦が起こしに来ます、装着した電極・センサ−類を全て外します。全て外し終わったらPSG検査は終了です。

検査風景及び装置

6.検査の結果は1〜3日後には出ますので、かいせい病院外来の受診にお越し下さい。


PSG検査当日は、出来る限り昼寝等はしないで下さい。夜、寝られなくなる事があります。
又、検査当日の夕食、検査終了後の朝食が必要な方はPSG検査予約時にそれぞれ、その旨
をお伝え下さい。

PSG検査当日18:30迄に来られない場合は、必ず18:30迄に電話連絡を入れて下さい。